So-net無料ブログ作成
検索選択

生活保護費で使途不明金 高槻市(産経新聞)

 大阪府高槻市は、生活保護費で約1千万円にのぼる不適切な支出が見つかり、生活福祉課の副主幹の男性(60)が電子計算システムを不正に操作した疑いがあると発表した。市の調査に対し、副主幹は「救済できない生活困難者を助けるのに使った。着服はしていない」と話している。市では告訴も検討している。

 市によると、副主幹は廃止された受給者番号に架空の情報を入力し、長期入院患者の生活保護受給者を捏造(ねつぞう)。退院時の新居のための敷金や布団代などの生活保護費を市に支出させたとみられる。

 今年5月、平成18年度からの4年間で少なくとも29世帯のデータが消されていたことを判明。当時、システム管理権限者だった副主幹に事情を聴いたところ、不正操作を認めた。

 市によると、副主幹は今年3月末で退職、再任用されていた。副主幹は「不適切な処理は認識していたが、重大とは考えていなかった。返済するつもりだ」と話しているという。

【関連記事】
気球連盟の元理事が横領3千万円超 「個人的な活動費に」
請求水増しで45万円着服 学校給食共同調理場の前場長の男性 下関市
病院職員が入院費など約440万円着服 鳥取の山陰労災病院
肝移植募金を着服69歳夫婦逮捕 19歳、手術めど立たず
大阪市三セク元所長を起訴 回数券1460万円分横領

首相臨時代理1位は仙谷官房長官(産経新聞)
官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)
ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職(産経新聞)



ナマコ・サザエ年1億円水揚げ、密漁親子逮捕(読売新聞)

 大阪湾沖でナマコを密漁したとして、大阪海上保安監部と大阪水上署は兵庫県明石市港町、漁業濱西修治容疑者(59)ら親子4人を漁業法違反(無許可潜水器漁業)などの疑いで逮捕、31日、大阪地検に送検した。

 「ナマコやサザエなどの密漁で、年間約1億円の水揚げがあった」と、容疑を認めているという。

 ほかに逮捕・送検されたのは、33〜28歳の息子3人。発表によると、4人は12日午後9時半頃、大阪沖埋立処分場護岸付近の海で、大阪府知事の許可を得ず、潜水してナマコ約1トン(60万円相当)を採取した疑い。

 匿名の通報で、同保安監部の監視艇2隻が12日夜、護岸付近を巡回していたところを発見した。

 4人は明石市沖での二枚貝漁の許可しかなく、「漁獲が減り、正規の漁では食べていけなかった」と供述するが、兵庫県水産課は「二枚貝の漁獲が急速に悪化したとの情報は把握していない」としている。

<青木ケ原樹海>09年、自殺者減少 発見・保護数は増える(毎日新聞)
普天間移設 食言と優柔不断…失った半年(産経新聞)
映画「死者の書」 奈良・當麻寺 “執心”抱えつつ二上山へ(産経新聞)
“幹部力”を磨こう――人を生かすための3つのコツ(Business Media 誠)
サイパン 戦時写真25枚 邦字紙アルバム米国で見つかる(毎日新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。